海外ドラマニアMブログへようこそ!ツイッター等で紹介してくださったりコメント等感謝します。【プライバシーポリシー/連絡先はこちらです】

☆☆男性向け海外ドラマ男性おすすめ人気 ☆イケメン、美女が多い海外ドラマ ☆ドキドキハラハラ・スリリング系海外ドラマ ザ・ラストシップシーズン3

ザ・ラストシップシーズン3最終回迄全13話ネタバレ感想!

更新日:




ザ・ラストシップシーズン3の12話ネタバレあらすじ感想

●1話~10話ネタバレのページはこちら!●11話レビューはこちら

ネタバレかなりしていますが、あらすじはおおざっぱな感想レビューです。

12話:抵抗勢力

悪どい悪魔のように邪悪な権力者達が口論しながら、アリソンが仲介しつつ・・ロベルタ・プライスは特に強そう・・

だけどさらにアリソンが上みたいな?

 

とにかく地域権力者たちが醜い口論を繰り広げ、最後は、ネイサン・ジェームズを爆破して皆殺しする計画を実行する事に・・・

罪悪感などかけらもなく、喜んでそのボタン(ミサイル発射)を押す・・・最悪・・・。

 

遂にあの憎きチャンドラーを殺せるぜ!みたいな感じで楽しそうだし。チャンドラーを始末したいがために全員皆殺しみたいな・・・。

 

カーラ・テックス・オリバー達

途中でラスベガスの町に立ち寄ることにしたものの、様子がおかしくて唖然となる。町は暗いし食料不足で市民がおかしな状態に・・

 

食料をよこせ、と銃を向けられる始末・・・

 

どうしてそんなに食料がないのか、それはもちろん、あの悪徳地域権力者の仕業だった。(アリソンの一味、地域権力者カスティーヨのせい)

ボブとの出会い

でもボブという男性が助けてくれて、事情を聞くことに・・・。

 

食料の配給を止められ、食べ物を得るためにほとんどの人々は奴隷化状態に・・

このままじゃボブは餓死することに・・。そしてテックスの娘が手持ちの食べ物を分け・・(これしか持ってない)

そしてオリバーは力強くボブを励ますと、ようやくボブはオリバーがあの大統領だと気づく。

 

テレビでは過激派のリーダーとして散々悪く言われているものの、それは嘘だとわかってくれて握手・・・^^ そしてボブと別れ・・

ボブが無事生き抜けますように・・・



ザ・ラストシップシーズン3の12話ネタバレあらすじ感想

まさかの光景にカーラ絶望o(;△;)o

ネイサン・ジェームズが帰港を待つカーラ達・・・・するとその後、2つのミサイルがきて船が爆破してしまうのを目撃・・・。

 

ネイサン・ジェームズが・・・夫が・・皆が死んでしまった、と思い泣き叫び激しく取り乱し海に走っていくカーラo(;△;)o そんなカーラをテックスが止め・・

怒りに燃え・・・

●そしてカーラの悲しみは激しい復讐心に変わり、関係者全員皆殺しにしてやりたい!と言い出すのでした・・

 

 

ほんと、あの時アリソンをやってればこんな事には(T_T)って思っちゃっただろうな・・・

 

実は・・・

●だけど、実際はネイサン・ジェームズは沈んでいなかった。チャンドラー達のプランがうまくいき、

変わりの船を爆破させることに成功していた!!!

 

でも、この時点ではまだ皆気づいていない。死んだと思わせておこうとしている。

止まらない欲望

そしてミサイルが発射され、遂にネイサン・ジェームズが爆破され海に沈み、邪魔者を消せたということで、

アリソンとロベルタ・プライスが個人的にもお祝いする。

 

とはいえ、アリソンは自分がここまでしてやったんだから見返りにもっとよこせ!!と強く訴え始めるのでした。



ザ・ラストシップシーズン3の12話ネタバレあらすじ感想

感動の再会!最高のシーン!

その後色々あり、夫を失ったと信じ込んでいたカーラの元に突然ダニーが!!!!まさかの事に驚き・・

感動で抱き合う二人・・・!!!(;_;)

そしてテックスもチャンドラーやスラッタリー達と喜びの再会を果たす!!!そして、オリバー大統領がこちら側の人間だと知り喜ぶ一同^^

 

もちろんオリバーもネイサン・ジェームズの皆が無事で喜ぶ^^

やっと、こんな温かいシーンが・・・・・(;_;)

 

たくさんの犠牲者は出てしまったものの・・・ 遂に皆が一つになった~~!!!!!そして、それぞれに指示を出していくチャンドラー!

あぁ、どうかこれ以上犠牲者がでませんように・・・ (;人;)

**次のページに衝撃レビューはまだまだ続きます!**
次のページに続く 12話レビュー後半へ・・・






次のページへ >








-☆☆男性向け海外ドラマ男性おすすめ人気, ☆イケメン、美女が多い海外ドラマ, ☆ドキドキハラハラ・スリリング系海外ドラマ, ザ・ラストシップシーズン3

error: Content is protected

Copyright© 海外ドラマニアMブログ , 2021 All Rights Reserved.