海外ドラマニアMブログへようこそ!海外ドラマレビューとランキング等たくさん記事があるので宜しかったらゆっくりしていってください(*^-^*)

☆サスペンス・ミステリー海外ドラマ 刑事カーディナル各シーズン

刑事カーディナル最終回迄全話ネタバレCAST,動画シーズン2も!

更新日:

刑事カーディナル悲しみの四十語最終回迄全話ネタバレあらすじ感想や情報まとめ

日本放送が決定した刑事カーディナル悲しみの四十語(シーズン1)の、最終回迄全話1話・2話・3話・4話・5話・6話ネタバレ注意なレビューと、キャストや見どころ等情報まとめ!




人気のあまり既にシーズン3の放送中のカナダ大ヒット作、当記事はシーズン1になります。

**シーズン2ネタバレ記事も書きました!

COPYRIGHT©kaigaidorama-netabare.comALL RIGHTS RESERVEDコピー無断転載リライト等禁止です。

刑事カーディナル 悲しみの四十語最終回迄のネタバレや各種情報まとめ

刑事カーディナル悲しみの四十語 当記事の目次

●当ページには・・・・・すぐ下の日本放送日・視聴方法/原作本紹介の後に、登場人物・キャスト紹介(ネタバレ注意)コーナーが続きます。

 

その下には見どころコーナーがあるのでスクロールして御覧ください^^

 

最終回迄1話~6話のネタバレはこちらです。

シーズン2ネタバレ記事はこちらです。

刑事カーディナル悲しみの四十語日本放送日・視聴方法

追記:大ヒットのあまり既にシーズン4まで決定しています!

2019年2月6日から、スーパードラマ!TVにて放送開始します。もちろん日本初・独占放送なのでお見逃しなく~!!

(追記:シーズン2にあたる「刑事カーディナル記憶に巣食う虫」も3月20日からの放送決定しましたね!)

雪が降り積もり凍てつく寒さのカナダのある小さな町が舞台になった作品で、展開はスローなんですが、面白い!

異例のすごい数の賞を受賞し話題殺到した作品だから選ばれたのかな?

 

アメリカドラマとはまたひと味違うカナダ作品を楽しみたい方、北欧系が好きな方、ミステリー・サスペンスがお好きな方におすすめ!

(想像していた感じのミステリードラマではなく、サスペンス系でハラハラで面白かったです!最初の方展開スローだな、地味だな、って思うかもですが、そのうち急展開でハラハラが続いたりしますよ!)

刑事カーディナル原作「悲しみの四十語」

このカナダのドラマの原作となっている小説自体も評価が高く賞を受賞している作品で、こちらAMAZONでも販売されています。

私は原作は読んだことがないのですが、こちらの詳細を見る限り、ドラマ版はかなり近い内容になってるようです。なのでもし先が待ちきれない!!という時はこの本をチェックするのもおすすめです。

海外のレビューを見た限り、一般の読者からの原作本の評判は良く、AMAZONの平均は5点中4でした。

**2019/01/11現在、1円で販売中です(◎-◎;)!!ドラマが始まる前後で値上がりしそうなので気になる方はお早めに!

刑事カーディナル悲しみの四十語 登場人物キャスト・ネタバレ注意

**ネタバレが含まれているのでご注意下さい**事件の犯人とかもガッツリ書いてます

カナダドラマだから知らない役者さんが多いかなぁ、と思ったら大間違い、主演俳優さん、女優さんはアメリカの海外ドラマでもおなじみの人気役者さんたちなんです!

ジョン・カーディナル

アルゴンキン・ベイ警察の刑事で、以前誘拐事件を疑って探していた少女の遺体の発見をきっかけにその捜査にどっぷりはまっていくことに・・・

妻は双極性障害で本来の自分を失っている状態・・

以前潜入捜査中の不正、汚職を疑われて調査されている。

演じるのはビリー・キャンベル

海外ドラマ好きでたくさんドラマを見ている方ならきっと見覚えがあるはず!!多くのドラマで主演級の役で出演している超ベテラン売れっ子の俳優さんです。192センチなのに小顔すぎて・・。

代表作は、4400と、キリング消えた美少女と、HELIX黒い遺伝子かな?4400とキリングが特に面白すぎました・・HELIXでは真田広之さんと共演していましたよね。

長年第一線で主演級で活躍が続いているのがすごすぎる!

**主演の二人の画像はこちら。美男美女!!!

初の大きな役が1984年のドラマ、ダイナシティのルーク役だとか!

キリングは同じくミステリー系海外ドラマでとにかく半端ない面白さで度肝を抜かれた作品だったのもあり、そんな彼が主演する今作にも期待して視聴し始めました。

というかビリー・キャンベルさん、2019年で60歳になるんだ・・・すごい・・・未だにかっこいいですね。

リズ・デローム

カーディナルの相棒に抜擢されたアルゴンキンベイ警察の優秀な刑事で、移動してきたばかり。

実は密かにカーディナルの調査をしている・・というかそもそもそのために相棒に抜擢されたという・・

刑事の相棒との絆とか好きなのに、ちょっとショックな設定なんですが、不信感いっぱいの気持ちだった当初と比べ、最後はどうなっていくのか、も見どころとなっています。

プライベートでは夫とのゴタゴタも描かれます。

演じるのはカリーヌ・ヴァナッス

演じるカリーヌ・ヴァナッスはカナダ生まれの美人女優さんで、日本ではリベンジのマルゴー役で一番知られていますよね。(シリーズ42話に出演していた!!)

でも正統派美人で癖がないので顔が覚えにくいのが難点・・見たことあるけど何の役だったっけ?ってなりそうな・・私だけ?

エリック・フレイザー(ブレンダン・フレッチャー)

楽器店で働き、イーディと組んで10代の若者をターゲットにしておぞましい犯行を重ねている今回の事件の犯人の1人。

**2話終盤から登場**

元々サイコパスな二人組なのかと思いきやそうじゃなく・・・彼を愛するイーディを立派な殺人鬼に成長させようとしているのが衝撃すぎる・・・

●演じるブレンダン・フレッチャーは脇役・ゲスト出演が多いのですが膨大な数の海外ドラマ出演経験があるベテラン俳優さんです。

最近ではアローシーズン7でのスタンリー役がすごく印象的で素晴らしかった!!かなり重要な役で強烈な印象を残しました。

イーディ・ソームズ(アリー・マクドナルド)

顔に目立つ傷のような皮膚疾患があり、かなり気にしていて自信が持てず・・職場の薬局でも同僚の女子から見下されている。

**2話終盤から登場**

そんな中、エリックだけが彼女の価値を認めほめてくれたため、すっかりエリックを愛してしまい、彼に喜んでもらえるよう誇らしく思ってもらえるようにと、本来はしたくないはずの殺人にまで挑戦しようとする・・

こんな設定の犯人のドラマは初めてかも・・・・・カルト教団の教祖に洗脳されてる系はよくあるけど・・。結局エリックにいいように操られてるだけなのか、エリックのオモチャなのか?



COPYRIGHT©kaigaidorama-netabare.comALL RIGHTS RESERVEDコピー無断転載リライト等禁止です。

刑事カーディナル悲しみの四十語の見どころ

カーディナルは犯人の正体にいつ気づく?キースは助かるの??

このドラマは一応ミステリードラマで、謎も色々あるものの、殺人犯・真犯人という点ではあまりミステリーじゃなくて・・・

いや最初の方ではその犯人像もミステリーなんですが、2話終盤から犯人が登場しちゃうので、あっと驚く人が犯人だった!!

みたいな犯人探しの見どころはありません。

 

ですが、主人公たちは犯人にいつ気づくのか、被害者のキースという若者は助かるのか、というのがハラハラのサスペンスとなっていて面白くて見どころとなっています。

イーディはどうなるの?

そして、犯人の1人のイーディはエリックに洗脳されてるかのような感じだけど良心があるので、途中で良心が勝って被害者を助ける展開になるのか?

それとも本当におそろしい殺人鬼に成長してしまうのか?も見どころです。

刑事カーディナルの秘密は?相棒との関係はどうなる?

何か秘密を抱えているカーディナル・・暗い過去が・・?汚職刑事だったの?

そしてカーディナルを疑い調査のために相棒になったリズ・デロームだけど、その調査の結果何がわかり、彼との関係はどう変わっていくのか・・・?

など見どころの1つとなっています。

刑事カーディナル 悲しみの四十語見どころその他

1話から怪しさ満点で登場した盗人のウッディが、まさかシリアルキラーとは疑いもせず、盗み目的でストーキングし、殺人犯たちと、監禁されている被害者のいる家に侵入!!

あれはめちゃくちゃ衝撃でスリル満点だった・・・・

ウッディがどうなってしまうのか、盗人のはずが被害者を助けるヒーローになれるのか、それとも・・・?なども大きな見どころとなっています。

次のページは、1話~最終回迄のネタバレレビュー






次のページへ >




人気記事ランキング(1日~7日毎に更新)*同一ドラマにつき1本に調整済

1
2
3
4
5
6
no image 7
no image 8
no image 9
no image 10
no image 11
12
13
no image 14
15
16
no image 17
18
19
no image 20
no image 21
no image 22
23
24
no image 25
26
no image 27

-☆サスペンス・ミステリー海外ドラマ, 刑事カーディナル各シーズン

error: Content is protected

Copyright© 海外ドラマニアMブログ , 2019 All Rights Reserved.