クイーンメアリーシーズン2の3話ネタバレあらすじ!





前回、まさか、死んだあの人がメイドに乗り移ってフランソワへの恨み言葉を言う、という展開で終わってびっくりしましたね・・

その他REIGN シーズン2のレビュー一覧はこちら

 

そして2話でのナルシス卿との激しい闘い、取引で一件落着したかと思えば全くそんな事はなく、やはり息子を殺された恨みは激しく、引き続き復讐心(メアリーとフランソワへの)を燃やしているようで、3話でも要注意人物となります。

 

◆前回のアンケート、たくさんの方が送ってくださって感激しています。ありがとうございました!(*^^*) アクセスとアンケートの声、共に特に多かったので早速3話更新しました!

クイーンメアリーシーズン2動画・視聴方法

日本語版のシーズン2のDVD。レビューもあるので参考にどうぞ!

インポート版はこちら。日本版より遥かにお得なお値段!(でも日本語無しです)

クイーンメアリーシーズン2の3話で気になった事

3話もとにかく内容盛りだくさんなんですが、ほとんど政治的な話で・・

私が個人的に前回から一番気になっていた事はアンリの事なので、その事をまず紹介します。

 

前回のアンリの言葉をもっと詳しく

まず、前回の記事が長くなりすぎて省略したアンリの言葉を詳しく解説しておきます。

 

前回子守のキャロラインに憑依したアンリが言った言葉は、

(実際に放送される時のセリフとは異なります。私による意訳です。)

「フランソワが産まれたばかりの時は他の何も比較にならないほど、人生最高の出来事だと思ったのに・・・・父を覚えてないのか? その息子の策略で王の座を奪われるとは・・・」

(父を暗殺してまで王の座を奪うとは・・)

みたいな内容の事を言っていました。

 

人生で達成したどんな栄光もかすむほどに、フランソワが産まれた時は喜んだのに、まさか裏切られるとは・・という事ですね・・

 

そもそも本当にアンリ?

でも、あれは本当にアンリなのか?もしかしたらフランソワを精神不安定にして王の座から蹴落とすために、何者かによる策略で、指示されたキャロラインが演技していただけ?

 

少なくともフランソワはそう信じているようで、ローラお気に入りの子守キャロラインを勝手に首にしてしまい、ローラがショックを受けて抗議していました。

でも、首にした本当の理由は話す事ができず・・

 

もしフランソワが疑う通り誰かの策略で、ただの演技なら、一体誰の仕業なのか? 復讐心に燃えるナルシス卿関連の者たちの仕業とかなのか????

 

真実を求めて・・・

フランソワはあのキャロラインの真実を知るために、彼女を霊能力者?のところに連れて行きました。

(C)THE CW

とはいえ、フランソワは幽霊なんて信じないと言い、彼女はたんに演技をしているのか、それとも頭がおかしくなったのか、という2択で考えていたようです。

 

アンリ再び!?

ですが、そこで再びキャロラインがアンリに憑依されたのです!!!

 

もちろんフランソワはすぐには信じなかったんですが、アンリでなければ答えられない様々な質問をし、即答するキャロライン・・

 

こ、これは絶対アンリだ!!!!(((;゚Д ゚)))

 

その上、自分の死因について、あの日の事を詳しく話し始め・・

フランソワも認めた

ついにフランソワは本物のアンリが憑依しているのだ、と認めました。

息子の裏切りへの怒りを語り続けるアンリ・・・

 

せっかく死に際の時穏やかにお別れできたのに・・・・台無しですね・・

 

これでお別れ??

(C)THE CW

そして、フランソワは怯えたようなショックを受けた顔をしながらアンリの話を聞いていたのですが、途中で声を荒げて

 

「やめろ!頼むからもうほっといてくれ!!!!」

 

と言いその場を去ります・・。

 

アンリの霊に対し、ひるまない強さを見せたフランソワでした。

これで今度こそアンリとはお別れなのでしょうか・・・??

 

怯えておかしくなったり、とか全くしませんでした、良かった!!

 

ローラへの説明

結局キャロラインは解雇されたまま・・

そして最後ローラには、

「彼女はある人を思い出されるんだ、忘れるべきある人の事を・・」

と解雇しなければならなかった理由を告げたのでした。

次のページは、いよいよ行われる戴冠式などレビュー後半です



1 2