クイーンメアリーシーズン3の11話ネタバレあらすじ感想

ますます盛り上がるすごい展開・・・・




画像つきのレビュー記事です♪

その他のシーズン3のクイーンメアリー記事はこちら

 

さて、10日ぶりということで前回の話を既に忘れてしまった私(本気で忘れっぽいので>< )

ということで、おさらいしてみたいと思います。

 

◆正方形の小さな画像はサムネイルです。クリックで拡大します。

◆全ての画像の権利はTHE CWにあります。Photo Credit: THE CW

クイーンメアリー3の11話の前のおさらい

●エリザベスは何者かに毒を盛られ愛するロバートの子を失ってしまい失意のどん底に。

 

●カトリーヌが自分の娘を暴行させる策略が大成功し、何も知らないシャルルはナルシス卿への怒り爆発でナルシス卿がリージェント・・摂政の座をカトリーヌに奪われる。

 

●メアリーとギデオンの仲が近づいていく。ギデオンはメアリーに既にかなり惚れている感じでキスするものの、メアリーは拒否する。

 

●グリアはやはり海賊の子を妊娠していたが、養子に出す予定

 

●カトリーヌの情事の相手クリストフは王宮の警備員にランクアップ。

 

●スコットランドではプロテスタントの勢力が急激に増していて、たとえメアリーが戻っても居場所がない事が明らかに。

クイーンメアリーreignシーズン3の視聴方法

シーズン3の放送はnhkの他に、dvdの日本版が遂に決定したので、そちらも是非チェックしてみてください。2018年9月5日から発売されます。

こちらはamazonの詳細ページです。

クイーンメアリー3の11話前半ネタバレと感想

戴冠式間近でご機嫌

シャルル(チャールズ)の戴冠式があと一週間ということで慌ただしく、カトリーヌはご機嫌。

リージェントの座にもつき、我が子の戴冠式も・・なのでいいことづく目なのです。

 

そして、ガードマンになったクリストフが王宮内で皆の見ている中堂々とカトリーヌに話し掛けたりする姿も・・

ブッチャー男性登場

そして、戴冠式(即位式)ということで、盛大なお祝いのためにブッチャーの男性に指示を出すカトリーヌ。ブッチャーとは肉を切り分ける仕事をする人の事です。

 

でも、このブッチャー男性は豚達の悲鳴が好きだとか言ってたので、異常者ではないか?とある男性から疑いがかかる。そしてそれを見ているクリストフ。

 

遺体が発見され、捜査が始まる

そんな中、王宮内で遺体が発見され、バッシュがそれを報告に来る。

 

殺人事件の捜査が始まる・・・そして犯人は、バッシュ達がずっと追っているあの殺人鬼だった。

 

あの、前に術を使う女性・・名前また忘れてしまいました・・。

あのバッシュの恋人の女性とバッシュが別れ際に、殺人鬼が女性を襲っていましたが、その遺体が発見されたのでしょうか?

 

一体どうやって王宮に?

殺されたこの女性の遺体を犯人が王宮に隠していた事から、謎が深まる。警備の固い王宮にどうやって入り込んだのかと・・・

つまり、犯人は王宮に出入り可能な王宮関係者ってこと??

 

そして、せっかくの戴冠式の前に殺人騒ぎになってしまい、このままではまずい・・と動揺するカトリーヌ。

 

再び殺人が!!!!

そして例の殺人鬼がなんと再び殺人を犯す・・被害者は、冒頭でブッチャーの事を異常者扱いしていたあの男性だった・・・

 

ギデオンの娘アガサ

メアリーのおかげでアガサがフランスにやってきて、アガサと再会したギデオンは、早速メアリーにアガサを紹介する。

 

だけど、アガサは久々の父に対してナーバスなのか父と楽しく過ごすことができず、人形と一緒に遊ぶと言って父の元から去ってしまう。

 

一緒に過ごす事に

娘の扱いに悩むギデオンを励ますメアリー・・結局メアリーはアガサとギデオンと一緒に過ごし、ギデオンを助けることに。

 

結局メアリーにすっかり打ち解けて楽しく過ごすアガサ。途中見知らぬ人からアガサを自分の娘と勘違いされ・・

(C)THE CW

「あなたが本当に私のお母さんだったら良かったのに・・・」と告げたアガサ。

そう言われ喜ぶものの、父ギデオンもあなたを心から愛しているわ、と伝えるメアリー。

 

アガサの本当の気持ち

だけど、父はエリザベスの言いなりなので、またエリザベスの命令によって父と引き離されてしまうのではないか、という事をアガサが恐れている事が発覚する。

(エリザベスの言いなりになるしかない父に不満)

だから父と素直に仲良くなれないのか・・(;_;)

 

だけどメアリーはアガサに良いアドバイスを与え、それを聞いたアガサは父とやっと打ち解けていき、ギデオンは感動する。

 

また、そんな一連のメアリーの様子を見ていたギデオンはますますメアリーに惚れてしまいそうな雰囲気・・・



エリザベス

エリザベスの信頼するウイリアムは、エリザベスに毒を持った犯人を必ず捕まえる事を約束するものの、まだ時間が必要だと話す。

 

そして、ローラに対し、メアリーの情報を渡せと言うが、ローラはメアリーを裏切らず、はっきり断る。

でもエリザベスはどうしても話させたくて非情な方法でローラを脅していく・・

(C)THE CW

 

クイーンメアリーシーズン3の11話後半あらすじと感想

クリストフ

●クリストフがどこかの人妻を誘惑し、情事に及びながらどこかの鍵をねだっていた。そして快楽に負けてその鍵を渡してしまう女性・・一体なんなの???

(C)THE CW

バッシュに怒られるクリストフ

●バッシュはクリストフに「一体どこにいたんだ?お前も含めキングのガードマン全員を呼んだはずだ」と怒る。

あの男性が行方不明になったことで(殺人鬼に殺された)その捜査で忙しいのだ・・

まだ遺体は見つかってなく、殺人事件だとは断定されていないものの、怪しんでいる段階。

 

皆を見返すほど真面目にやれ!

●カトリーヌのコネでこの地位についたクリストフは皆からその事で陰口を叩かれていた。

「真面目に仕事をやればコネの事など誰も言わなくなる」とバッシュが厳しく告げる。

(C)THE CW

すると、心を入れ替え、自分の実力を証明させてくれ、と告げるクリストフ。

 

●その後クリストフはカトリーヌのところに行き・・また情事を重ねる。本当に真面目に頑張る気あるのか・・???

 

ブッチャーが犯人だと疑うクリストフ

その後クリストフはバッシュをブッチャーのところに連れていく・・そして、彼が楽しそうに豚を虐殺する事を告げ・・

でも、「ブッチャーはそれが仕事なんだ」と言うバッシュ。

 

なので、あの男性が行方不明になる前にブッチャーと言い争いになっていたという事をクリストフが告げるものの、それでも殺人犯だとは思わないバッシュ。

すると、「少なくとも彼は盗人だ」と言い、彼が塩を盗んでいた罪を告げるクリストフ。

 

発見!!!!!

その後ブッチャーのところに捜査に行くと、見事行方不明の男性の遺体を見つけ出す・・!!!

 

やっぱりブッチャーが犯人だったのか?

 

 

そしてカトリーヌのところに行き、クリストフのおかげで犯人を見つけ出した事を報告するバッシュ。

あの男性の遺体が隠されていたブッチャーの部屋の鍵を持っているのはブッチャー本人と、ベイカーしかいないが、ベイカーなわけがないので、ブッチャーが犯人だろう、と話すバッシュ・・

ま、まさか・・・・・???

ベイカーと聞き、顔色が突然変わるカトリーヌ・・

ベイカー? そういえばクリストフがベイカーの妻を誘惑して鍵をもらっていたような・・・?

(((;゚Д ゚)))

 

ローラとエリザベス

ローラはエリザベスが信頼するあの男性ウイリアムが実はエリザベスに夢中で、他の女性にエリザベスのように変装させ、エリザベスの名を呼びながら情事を重ねている現場を目撃!!!

ウイリアムはエリザベスを愛していたらしい・・

 

そして、ローラはメアリーの情報を与える代わりにエリザベスにとっておきの情報を与えると言い、ウイリアムの事を告げ・・

 

 

エリザベスはまさかの真実に傷つき衝撃を受け、ウイリアムを責める。

そして、毒を盛りウイリアムとの子を流産させたその犯人はウイリアムだった事も発覚する。

(C)THE CW

「あなたを守り救うためにやったんだ!」と訴えるウイリアムだけど、即首になり、追い出される事が決定し、ショックを受けるウイリアム・・




クイーンメアリーREIGN S3の11話結末あらすじと感想

まさかの真相にびっくり!!

●カトリーヌはクリストフを疑い、調べているところをクリストフに見つかってしまう!!結局本当にクリストフだったのだ・・

 

セリフは意訳です。

クリストフ「バレちゃったみたいだね」

焦る様子もなく、ニヤリと笑いながら語るクリストフ・・

(C)THE CW

勝手な意訳です。

カトリーヌ「今までの一連の殺人事件はあなたの仕業だったのね」

カ 「ブッチャーを犯人に仕立てるためにベイカーの妻を誘惑し鍵を得たのね」

カ「ブッチャーは無実なのよ」

ク「無実じゃない!あの男は動物殺しを楽しんでる!!」

カ 「次は私を殺す気なのね?」

ク 「あなたの事は決して傷つけたりしない」

ク「あなたも僕を傷つけないってわかってるしね」

ク「だって僕もあなたの秘密を知ってるから・・リージェントになるために娘を殴らせたよね」

ク「僕はあなたの地位を永久的に奪うこともできるけど・・」

そう言うとカトリーヌはクリストフを殺そうとするが失敗・・

 

結局カトリーヌはクリストフの脅しに負け、クリストフと取引することに・・・

 

クリストフの件の感想など

クリストフって、全然悪っぽい感じなかったのでびっくりしました・・まさか、少しも疑ってなかったので・・(((;゚Д ゚)))

でも皆さんはもしかして気づいていましたか??

あのバッシュの恋人の術使いの女性があれほど怯えていたおぞましい殺人鬼の正体が彼だったなんて・・・

 

そして、まさかカトリーヌのあの秘密も握られていたとは・・

自分の身を守るためにカトリーヌは殺人鬼を逃して無実の人を死なす選択をしてしまいました・・

 

あーあ・・・。でもクリストフはブッチャーの動物殺しに怒りを感じていたようですが・・自分は人間殺しを楽しんでいるのに、動物殺しを楽しむブッチャーは許せないんですね。

 

無実のブッチャーが・・

バッシュは未だにブッチャーが無実を訴えている事を気にして、憂鬱な顔をしていた・・

(C)THE CW

だけど、カトリーヌがブッチャーを犯人だと決めつけた様子を見せ、そのまま処刑が続行されることに・・

 

シャルル(チャールズ)の戴冠式

そしてシャルルの戴冠式が無事行われる。

メアリーがその前に良いアドバイスを与え喜ぶシャルル。

 

そして大喜びのカトリーヌを嬉しそうな表情でクリストフが見つめていた・・・

 

メアリー

スコットランドにて、カトリックであるメアリーが裏切りものとして暴動が起き、メアリーの人形のようなものが燃やされるという事件が起きている事をメアリーが知りショックを受ける・・

人形だけではなく、カトリックの者たちの家が燃やされたり酷い迫害を受けていた。

 

首謀者はジョン・ノックス。

プロテスタントに変わらない限りはスコットランドに戻る事も許されないと・・でも、決して負けず屈せず闘う事を決意するメアリー。

 

そして、それを行う事により、イングランドとの関係も激化するとかで、ギデオンが警告するけど、メアリーは全く屈しない事を伝える

今回は2つの事件の衝撃な犯人が発覚してしまい本当に衝撃でした・・(バッシュがずっと追っていた殺人鬼と、エリザベスに毒を盛った犯人)どっちの犯人にもびっくり!でした・・。クイーンメアリー3の12話のあらすじと感想はこちらです。



(政治的な話はあまり頭に入らなくて理解ちゃんとできてないのでざっくりですみません。あらすじに間違いがあったらごめんなさい)

ここまで読んで頂きありがとうございました!!