海外ドラマニアMブログへようこそ!ツイッター等で紹介してくださったりコメント等感謝します。【プライバシーポリシー/連絡先はこちらです】

☆☆男性向け海外ドラマ男性おすすめ人気 ☆イケメン、美女が多い海外ドラマ ☆ドキドキハラハラ・スリリング系海外ドラマ ザ・ラストシップシーズン3

ザ・ラストシップシーズン3最終回迄全13話ネタバレ感想!

更新日:




ザ・ラストシップシーズン3の10話ネタバレあらすじ感想~続き

◆1話~10話は1ページ目にあります!

11話レビューはこちら

12話レビューこちら

最終回13話レビューこちら!!

●このぺージは10話レビューの2ページ目です。

チャンドラー達ネイサン・ジェームズ編

●カーラ編だけでもうスリリングな展開すぎてすっごい面白かったんですが、もちろんチャンドラー達のドラマも色々ありました・・・

メイランとの対立

●ヘイワードのメイランとチャンドラーは意見が合わなくて激しく対立・・・

 

とにかくメイランはすぐに本国に帰るべきだと考えるのに対し、チャンドラーはまだアジアにて、ポンの策略、陰謀を止めなければいけないと決意しているから。

 

そしてどんなに意見してもチャンドラーには受け入れられず却下のみなのでどんどんメイランの不満は募っていく・・

タケハヤへの頼み

タケハヤはますます具合が悪そう。

 

結局ワクチンが効かない原因がわかったところで、その対策はないので、どんどん死に向かうしかないのか・・悲しすぎる・・。

 

そしてそんなタケハヤに、スラッタリーが頼み事をする。以前タケハヤが自分は人も船もあるから手伝いたいと言っていたのを思い出し、それを要請したのです。

 

ポンを見つけるために・・もちろんタケハヤは快く承諾する。

●そしてタケハヤの仲間の海賊たちの協力をかりることに。





ザ・ラストシップシーズン3の10話ネタバレあらすじ感想~続き

オリバー大統領にありえない命令が・・

オリバーに対し、ある書類に署名をしろとアリソンが持ってきた・・それはチャンドラーの逮捕命令の書類だった・・。

 

でも断固拒否するオリバー大統領だけど、あなたに選択肢なんてないのよ、

という強気のアリソンに対し、殺されようとも絶対にサインなどしない!と言ってのけたかっこいいオリバー!!!

素晴らしい!!!!

 

だけど、アリソンはオリバーの家族を殺すと言い出したのです(T_T)こ、これは・・・もう駄目か・・・・><

そんな馬鹿な~~!!!・・

やはり家族の命を脅されたら従うしかなかったようで・・

 

早速ネイサン・ジェームズの、メイラン宛に暗号化されたメッセージが・・・その内容はチャンドラーの逮捕命令だった。

 

チャンドラーのやり方、プランが気に食わないメイランにとっては絶好の機会・・

一気にトップに躍り出たメイラン・・・・スラッタリー達にまでその波紋が!!!

 

●そして皆がその事態を知り、大ショックを受けるネイサン・ジェームズの皆・・

そして遂にヘイワードの者達との激しい喧嘩に発展してしまった・・・・。(」>o<)」




ザ・ラストシップシーズン3の10話結末ネタバレあらすじ感想

秘密のプラン

●結局強硬手段をとることに・・!!!

 

あるプランをチャンドラーとサーシャが実行している間にマイク・スラッタリー達が皆を降伏させ、

結局チャンドラーがネイサン・ジェームズのトップに返り咲いたのです!!!U\(●~▽~●)У

やった~!!!

 

本国に戻ろうとしていたメイランだけど、もちろん日本行きに変更!!!よし、いいぞ!!!

次回11話は日本が舞台のドラマってことですね!

 

カーラとジェームズが!!◎-◎;)!!

ショック状態のカーラとジェームズ・GIF


そして最後・・・・カーラ達が大変な事に・・・

 

なんてことは当然あるわけなく、リベロとビーティの殺人を目撃したカーラと真相を知ったジェームズを始末できないならば、信用をなくさせればいい、と判断したようで・・

 

なんと、リベロ達二人を殺した犯人としてカーラとジェームズが手配されてしまった・・(((;゚Д ゚)))

 

そんな事がラジオニュースで流れたのでした・・。

うわ~~~、最悪・・。その後二人は衝撃の光景を目にしてショックを受け・・

***次のページは11話衝撃ネタバレあらすじ感想です!!!!

◆次回、11話クライマックス!日本が再びポンに・・テックスも登場!
次のページは11話衝撃ネタバレ






次のページへ >








-☆☆男性向け海外ドラマ男性おすすめ人気, ☆イケメン、美女が多い海外ドラマ, ☆ドキドキハラハラ・スリリング系海外ドラマ, ザ・ラストシップシーズン3

error: Content is protected

Copyright© 海外ドラマニアMブログ , 2021 All Rights Reserved.